趣味

横浜ローザ公演のお知らせ

〇管理人からのお知らせになります。
 Image
〜横浜ローザ2018年公演のお知らせ〜
ニューヨークバージョンから変わります。
新しい演出の横浜ローザ公演です。
どうぞ2018年のローザに会いにいらしてください。
日 時  2018年8月11日(土)〜8月15日(水)
      14時開演 【開場は30分前】
          ※14日は17時開演となりますのでご注意ください。
会 場  横浜赤レンガ倉庫1号館3階ホール
チケット 一般前売り 5000円 (当日 5500円)
      学生前売り  3000円  (当日 3500円)
      全席指定
チケットのお求めは
 ローソンチケット Lコード 33846
 チケットぴあ Pコード 486-801
 カンフィティ 0120-240-540
 横浜夢座事務局 045-661-0623
お問い合わせは 横浜夢座事務局までお願いします。

「忠太郎地蔵まつり 〜忠太郎地蔵建立60周年記念〜

「忠太郎地蔵まつり 〜忠太郎地蔵建立60周年記念〜

日時 2018年7月22日(日) 10時〜16時

10時〜10時30分    忠太郎地蔵まつり 法要

10時45分〜12時30分  忠太郎地蔵建立60周年記念式典
             挨拶
             「瞼の母」五大路子、太田惠資、松井 工

12時30分〜13時30分  昼食

13時30分〜14時    歌謡 蒼 彦太

Cyuutaroumaturi



長谷川伸先生の「番場の忠太郎」の舞台となった蓮華寺と言うお寺には
「親をたづねる子には親を、子をたづねる親には子をめぐりあわせ給え」と書いた台座の上にお地蔵さんがあります。

ご自身も幼い頃に母親と別れ、苦労の上に横浜を代表する大衆作家となられました。

その思いを込めて作られた忠太郎地蔵尊が今年60周年を迎えます。

そこで奉納の思いを込め今、親子の絆が問われる時代にその大切さを唱えた長谷川伸の「瞼の母」を音楽とのコラボで語りを演ずる予定です。

出演はバイオリンの太田惠資さんと又文学座の松井工さんと私、五大路子の三人です。

私たちの公演は11時半からの予定です。

お近くの方は是非いらして頂ければと思います。

米原市番場511

アクセス
公共交通機関JR琵琶湖線 「米原駅」 下車 車 5分
...車北陸自動車道米原ICから車で5分...駐車場普通車 30 台

お問い合わせは 090-5047-0153 番場史跡顕彰会事務局(泉)までお願いします。

「海越えの花たち」を観劇してきました

先日、紀伊国屋ホールへ、てがみ座の「海越えの花たち」を観に行ってきました。
会場で一人芝居50年目の坂本長利さんとお会い出来て嬉しかったです。
とても良いお芝居で、友人の中西良太さんが出演しているので伺いました。
何度も何度も涙が溢れていて、涙をぬぐいながら観させて頂きました。
S__56508421
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
S__56508422
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
私は今年も横浜ローザの稽古が始まりました。
今年は昨年までと違う「横浜ローザ」をお届けしようと「冒頭はどうしようか」
「ここをこうしたらどうだろうか」と頭の中の舞台でローザが歩き出しました。
そして、いよいよ体を動かしての稽古に入りました。
稽古の様子をこれからもブログに載せていこうと思っています。
Image
どうぞ今年も赤レンガ倉庫でお待ちしています。
ローザに会いにいらしてくださいね。

    会場:赤レンガ倉庫1号館 

    公演日: 8月11日(土)14:00〜

         8月12日(日)14:00〜

         8月13日(月)14:00〜

         8月14日(火)17:00〜

         8月15日(水)14:00〜

「真昼の夕焼け」読み芝居と武蔵屋のおばちゃん

6月2日は、神奈川県民センターで、空襲体験を基に記した故・筧愼二さんの短編小説「真昼の夕焼け」を読み芝居を行いました。
やはり大空襲を15歳の少年の実体験を読み芝居にしたものです。

この読み芝居を聞いてくれた中学生の心にはどんなふうに届いたのでしょうか。

是非感想を聞かせて頂けたらと思います。
Img_1191
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
Img_1194
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
Img_6026
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
詠み芝居の稽古の後に武蔵屋のおばちゃんに松井工さんと伊藤はるかさんと一緒に会いに行って来ました。

とても喜んでくれて、その喜んでくれる顔が嬉しくて 又すぐにでも会いに行きたくなります。

元気そうでよかった!
S__56139804
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆
S__56139805
・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆

おばちゃん、又来ます!と手を振ると手を振り返してくれる姿がかわいくて!

大好きなおばちゃんです。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

6月22日は杉田劇場で小学生200名を対象に「真昼の夕焼け」の読み芝居を致します。

6月の読み芝居が終わったらいよいよ横浜ローザの稽古に入りますsign03

読み芝居 「スカートをひるがえして」のお知らせ

五月、とても気持ちのいい朝です。

朝の散歩もキモチイイ!

さて、今日は読み芝居「スカートをひるがえして」のお知らせです。

入場無料です。※先着80名

日 時 : 平成30年5月29日(火) 18時〜

会 場 : Kosha33スタジオ(神奈川県住宅供給公社1階)

出演 :  五大路子 松井工 伊藤はるか

作 : あべゆかり

ピアノ : 阿部明日見

脚色・演出 : 松井 工

お問い合わせは横浜夢座事務局 担当 田川、西 まで。

045-661-0623

~あらすじ~

5月29日、横浜大空襲。ある日のこと。

73年前の記憶を、老女はゆっくりと語り始める。

「セーラー服のスカートをはいて満開の桜の下を歩きたい・・・」

モンペ姿で勤労奉仕に通っていた千代の口癖だ。昭和二十年三月。

高等女学校の卒業式の十日前、焼夷弾の炎に焼かれて千代は死んだ。

二年生だった。千代を妹のように思う四年生の史子は亡き千代の心をおもい、セーラー服姿で卒業式に臨む。

鳴り響く空襲警報。女学校から防空壕へ続く満開の桜並木。

スカートをひるがえし、史子は花びら舞う坂道を走ってゆく。

111

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

横浜駅西口に大きなメリーさんの写真があることに皆様はお気づきになられたでしょうか?

森日出夫さんの写真がたくさん見られます。

新しい横浜メリーのポスターも森日出夫さんに撮って頂きます。デザインは穂積由紀夫さんです。

5月6日が撮影です。

どんなポスターになるのか私も楽しみです。heart04

皆様も楽しみにしててください heart04

 

「赤い靴の少女」を訪ねて

もうすぐ3月、もうすぐ暖かくなりますね。
毎日のように桜の蕾はまだかなと気になるこの頃です。

さて、赤い靴の少女の銅像を皆さんはご存知でしょうか?
S__54231085
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
♪赤い靴 履いてた 女の子♪
野口雨情の歌で子供のころからなんとなく知っている曲ではないでしょうか?

今年11月の横浜夢座の公演では、その赤い靴のお話の秘話を元に、「親が子を」、「子が親を」・・・という悲しい事件が起きている今、
しっかりと親子の情愛を描けたらというところをテーマに作り上げていこうと思っています。

---無くてはならない大切なもの--- 大切な心を描けたい。

先日、「-赤い靴の少女-母 加代の物語(仮)」の取材に横浜の赤い靴の少女の像と麻布の赤い靴の銅像を訪ねて来ました。
S__54231083
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
S__54231087


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
S__54231090
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
赤い靴の少女のモデルである「きみちゃん」が最後にいた孤児院探しと鳥居坂教会でいろいろとお話を伺いました。

又、麻布十番街の理事長様やきみちゃんの銅像を作られた山本様にもその後のユニセフ募金のことも合わせてお話を伺うことが出来ました。

そこで加代さんの従妹の方の住所がわかり、今度は静岡に取材に行こうと計画をしているところです。

S__54231089
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
青山墓地で「佐野きみ」さんのお名前がありました。

S__54231098
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
S__54231097
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

お墓の前で作家の畑圭之助先生と構想を話しました。

その前に東洋英和女学院の資料室をお訪ねする予定です。

皆様には取材報告やお稽古の様子などもお知らせしていけたら・・と思っています。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
S__54231101
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
S__54231103
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
公演は11月8日からランドマークホールです。

この公演と2018年の横浜ローザに向けて、横浜夢座はまっしぐら!

「ハマの弥太っぺ」 のご案内

今年もあと10日ほどになってしまいました。

さて、本日このブログを借りて息子・悠太が出演させて頂くお芝居「ハマの弥太っぺ」を紹介させてください。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

 Photo

----------------------------

Image1
-------------------------------

theater045syndicateアトリエ公演『ハマの弥太っぺ』

原作/長谷川伸  作/佃典彦  演出/中山朋文

〜あらすじ〜
潮風に蝕まれた無人駅の待合室、荒波の音が遠くで聞こえる。
やって来たのは若い娘を連れた中年女。

追って来たのはハマの弥太っぺ・・
中年女に盗まれた命よりも大事な宝モノ。

取り返すために追って来たハマの弥太っぺ・・・
そこに現る一つの人影。人影狙うは弥太っぺの命。
ドンパチ始まる待合室、血しぶき吹いたはハマの弥太っぺ・・・
命落としたのは人影の方・・・中年女には流れ弾・・・
盗んだモノを返して最期の頼みの中年女・・・

「この娘をある人の元に連れて行っておくれ」

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

【出演】
今井勝法
大和田悠太(アクトレインクラブ)
吉村公佑(劇団B級遊撃隊)
碓井将仁(劇団レトロノート)
増井友紀子
川村美喜(劇団水中ランナー/Hito YasuMi)
矢萩春菜(オスカープロモーション)

寺十吾(tsumazuki no ishi)
大西一郎(ネオゼネレイター・プロジェクト)

【日時】2018年1月12日(金)〜15日(月)
12(金)            19:30
13(土) 14:00/19:30
14(日) 14:00/19:30
15(月)            19:30

【チケット】
一般 3000円
学生 2500円(学生証をご提示ください)
日時指定・全席自由

◼️横浜ベイサイドスタジオ(京急線神奈川新町駅より徒歩1分 /中山

 JR京浜東北線東神奈川駅より徒歩11分  観音ビル2F)

チケットは フレンズクラブ 岡安まで

          090-9649-3166
        fax  044-544-6243

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

演出の中山さんは、夢座の公演や語り芝居の時にいつもお世話になっています。
又、横浜ローザの演出の大西さんも出演するようです。

 

どうぞ、お時間がありましたら劇場に足を運んでいただけたらと願っています。

 

ヨコハマメリー中村監督とのトークショー

ヨコハマメリーの中村監督が出版された本のセレモニーに森日出夫さんとご一緒に参加致しました。
ヨコハマメリーを語るトークショーです。

20171210_130220_previewjpeg
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

20171210_120926_previewjpeg
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
第1回目はルミネ店の有隣堂にて、
第2回目は伊勢佐木町の有隣堂本店の特設会場にて行われました。

私も「白い顔の伝説を求めて」と「横浜ローザの記念パンフレット」をサイン会の時に紹介、販売をさせて頂きました。

Img_8306
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

Img_8317
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

たくさんの方がメリーさんにとても興味を持っていらして、質問を受けるたびに、監督と森さんと私の「メリーさんの思い出」が蘇ってきました。
本当に忘れてはならない人を思い起こす良き時間を頂きました。

私の本も10年前に書いたもので、それ以降を書き加えて出版したいなあと思っています。

Img_8335
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

横浜ローザの上演も23年目となります。
25周年ももうすぐだと思うといろいろな夢が私の中で又膨らみ始めています。

来年の横浜ローザは生演奏のあった「ニューヨークバージョン」から以前のように私ひとりの舞台になります。
でも、以前の公演に戻るのではなく又「新しいバージョン」で観て頂けるよう作り上げていきます。

来年の横浜炉ローザは8月11日〜15日までと決まりました。
横浜赤レンガ倉庫です。

どんな舞台にしようかとワクワクheart04しながら作りますのでお楽しみにしていてください。

「重忠と菊の前」公演のお知らせ

五大路子 公演のお知らせ

詠み芝居 重忠と菊の前

~二俣川に散った畠山重忠と妻の物語~

1
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

日 時 : 2017年12月2日(土) 3日(日)

     13時30分 開場 14時00分開演

会場 : 横浜市旭区民文化センター

      サンハートホール

チケット : 一般 3500円(当日 4000円) 

              高校生以下 2500円(当日3000円)

       ペア 6000円

      ※全席指定・未就学児不可

お問い合わせ  チケット申し込み : 045-364-3810

出演 : 五大路子  松井工(文学座)  伊藤はるか

作・演出: 畑圭之助   演奏: 太田惠資

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

~畠山重忠とは~

源頼朝の側近、畠山重忠は、武勇誉れ高く、「関東武士の鑑」と称されていた、鎌倉時代の武士です。

鎌倉幕府の歴史書「吾妻鏡」によると、清廉潔白、誠実で思いやりがあり、怪力の持ち主で、「智仁勇」を兼ね備えた人物として評されています。

その仁徳ゆえ、没後810年が経った現在でも、彼の最後の合戦の地、二俣川では慰霊祭が開催されているのです、

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

~あらすじ~

頼朝の忠実な部下として仕え、信頼を得ていた重忠であったが、頼朝の死後、北条家の権力争いの混乱の続く中、謀叛の疑いをかけられてしまう。

鎌倉に呼び出された重忠は、多勢を前に、ここで国に逃げて「一時の命をおしんで、かねてより陰謀があったと疑われるよりは、ここで潔く戦う」と固く決意し、百三十四騎で、敵、北条方の数万の軍に立ち向かった。

四時間にわたる激しい戦闘がこの二俣川で繰り広げられたが、それも虚しく全員が戦死してしまう。

心配のあまりかけつけた重忠の妻・菊の前は、夥しい骸と激しい戦場の跡形を目にする。その時、目の前に、傷ついた重忠が現れる。

哀しみに染まったエピローグ。寄り添う二つの魂から紡ぎだされた言葉とは・・・。

(お話はフィクションです)

「おたふく」の朗読とトークを終えて

山本周五郎作「おたふく」は、たくさんのお客様がいらして下さって満席でした。

今回はおたふくの朗読とトークを行いました。

Photo
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
Img_1905
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
Img_1897
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

トークでは、横浜夢座が2008年に上演した「山本周五郎の妻」を作るまでの取材中の出来事や不思議な出会いのこと、周五郎先生の行きつけの店のお話などをさせて頂きました。

中区で偶然仲間と入ったお寿司屋さんで「そこは先生がいつも座ってたところだよ」と言われたこと。

横浜ローザの実行委員だった大久保さん(野毛大道芸の)が先生の隣に住んでいたこと。

先生はよく歌を歌ってくれたこと。

先生は草が大好きでいろんな名前を知っていたこと。

極めつけはボレロが好きだったことなどなど。

次に「山本周五郎の妻 (作小松與志子) を観て頂きました。

映像の中に横浜夢座のお芝居にずっと出演してくれていて、現在2人の可愛いお子さんのお母さんになったあーちゃんこと福田麻恵の顔もあり懐かしく思いました。

また長谷川伸さんの母方の家系の川西進ご夫妻もいらして下さいました。

五大のことを講義の中で扱ってくださった羽鳥先生、夢座セミナーの仲間、フレンズクラブの大場さん、岡安さん、塚田さんたちも来てくれてとても嬉しかったです!

Img_1958
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

Img_1974
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

Img_1949
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

いつもたくさんの方に背中を押されて一歩前に進んでいるんだなあ・・って会場を見渡しながら思っていました。

今回もこのような機会を与えて頂けて感謝です。

より以前の記事一覧