映画・テレビ

5月17日 毎日新聞で紹介して頂きました

昨日 5月17日の毎日新聞でメリーさんのことと、横浜ローザのことを紹介して頂きました。

インターネットの朝日新聞のサイトでも紹介されました。

https://mainichi.jp/articles/20190517/k00/00m/040/033000c

横浜ローザの公演は

公演は31日~6月4日、横浜赤レンガ倉庫(横浜市中区)1号館3階ホール。初日は午後6時、ほかは午後2時開演。

問い合わせは横浜夢座事務局(045・661・0623)までお願いします。

皆様と赤レンガ倉庫でお会い出来ることを楽しみにしています。

いつも応援をありがとうございます。

2019年 横浜ローザのお知らせ

2019年「横浜ローザ」日程のお知らせ
メリーさんと出会い、作品を演じ続けて23年目の2019年。

新元号となる5月、横浜赤レンガ倉庫1号館の3階ホールに

“横浜ローザ”が装いを新たによみがえる。新演出☆お楽しみに…!!

Rosa

「五大路子ひとり芝居 横浜ローザ 赤い靴の娼婦の伝説」

 

≪日程≫ 5月31日(金)~6月4日(火)1月29日(火)よりチケット受付開始

 

企画・出演/五大路子

作/杉山義法 

演出/西川信廣

スペシャルゲスト/杉山葉子(フルート)

 

5月31日(金)18:00開演       

6月1日 (土)14:00開演      

6月2日 (日)14:00開演      

6月3日 (月)14:00開演      

6月4日 (火)14:00開演

 

≪チケット≫ ※全席指定 ※未就学児童入場不可

一般前売 5,000円(当日5,500円)

学生前売 3,000円(当日3,500円)

大学のゼミでの交流会

5月も中旬になり、いよいよ「横浜ローザ」の稽古が佳境に入って来ました。

今年も、4年連続して行っている各大学のゼミで、舞台「横浜ローザ」を通じて「戦争」や「平和」について語りあう交流会をさせて頂きました。

4月18日
立教大学砂川ゼミ
こちらのゼミでは5年続けて交流会を行わせてもらっています。
学生たち全員に私の著書「白い顔の伝説 横浜メリーからローザへの伝言」を読んでもらい、感想を聞かせてもらったり意見交換、レポートも出してくれました。

4192_1

4191_1


4月26日
横浜市大のゼミ
演劇部の方々、留学生、社会人の参加もありたくさんの意見交流が出来ました。

Shidai1

Sidai3


5月9日
横浜国大のゼミ
中国、韓国の留学生もいて、活発に意見交換が行われました。
中国でもインターネットにメリーさんのことが見ることが出来たということでした。

Koku9

Kokudai2


5月10日
関東学院法学部のゼミ
5月7日の読売新聞・朝日新聞にも取り上げて頂きました。
「戦争」「平和」についてたくさんの発言がありました。

Kanto1

Kanto2



大学生の皆さんの年齢は平成生まれの20歳、21歳。
「昭和」という時代は遠い話なのでしょうか? 

「昭和」という64年間にどんなことがあったのか・・・
決して「昔、昔あるところに・・」の話ではないことを考え、語りあう機会を持たせて頂きました。

平和を願うことは昭和も平成も令和も同じ。
その思いを、今年も舞台で活かせるように本番に向けての本格的な稽古に向かって行きます。

十代、二十代の方に、「ローザに会いに来て欲しい」と強く願いながら活動を続けています。
これからも続けていきたいと思います。

〇学生の皆さん、各大学の先生方、広報の方に心より御礼申し上げます。
 ありがとうございました。

横浜ローザの特別講義を行いました

立教大学砂川ゼミの学生達と
「横浜ローザ」について語り合いました。

この活動を4年前から続けています。

P1170494_1

 

 

 

 

 

 

 

P1170525_1

 

 

 

 

 

 

 

 

P1170503_1

 

 

 

 

 

 

 

 

P1170529_1

 

 

 

 

 

 

 

 

P1170514_1

 

 

 

 

 

 

 

 

質疑応答の時間も設けました。


質問の中には、実際に演劇を見ていただいてから、答えが出るものも…
当日、舞台にてお待ちしております!!

新しい出会いに感謝です。

東京新聞で紹介されました

桜が散る姿は寂しいですが、花びらが風にヒラヒラ舞っていると地面に落ちるまで見つめてしまいます。

先日、東京新聞で、今年の横浜ローザ公演の紹介をしていただきました。

インターネットからも見れるので、是非お読みいただければと思います。

いつも沢山の応援をありがとうございます。

https://www.tokyo-np.co.jp/article/entertainment/news/CK2019041102000232.html 

 

 

武蔵屋のおばちゃんが亡くなられて・・・


武蔵屋の木村喜久代さんが3月31日にお亡くなりになりました。
2012年に夢座公演で「野毛の三杯屋の奇跡」として菊枝さんをモデルに「目に見えない宝物」それは人の絆を大切に思い合う心が溢れる物語になりました。
丁度舞台の期間中におばちゃんがお誕生日を迎えたので舞台にあがってもらってサプライズのお誕生日会をしたこと。
客席には武蔵屋ファンの方がたくさんいらしてくれたこと。
その舞台では「武蔵屋のうた」をうたったこと。
♬ここは武蔵屋三杯屋 1杯目は一日の疲れを癒すため 2杯目は明日への力をつちかって 3杯目は己を陽気に楽しませ ここは武蔵屋三杯屋♬
ふっとした時にこの歌を口ずさんでいる時があります。
昨日は口ずさみながら涙がこぼれてしまいました。
明るい歌だから泣きながら歌っちゃいけないね おばちゃん。。。

おばちゃんは夢座の座員の人前結婚式では牧師さんを勤めて下さり、ふたりの愛を祝い、願ってくれました。
私と会った時には帰り際に頭をなでて「いいことがありますように」とおまじないをしてくれました。

私の宝物であり、心のありかたをいっぱい教えてくれた先輩でもありました。

つい最近のお誕生日に伺った時にはケーキを美味しいと食べてくれ、肉まんも4分の3くらい食べてくれました。

おばちゃんが亡くなったと聞いてすぐに会いに行くと、おばちゃんはとてもとても安らかなきれいなお顔で眠られていました。
おばちゃんお疲れさまでした。 今はゆっくり休んでくださいね。

S__61128799

S__61136901

 

今年はNHK朝ドラ100作目

今年はNHK朝ドラ100作目

1961年から始まった連続テレビ小説は「朝にドラマを見る」ということから「朝ドラ」と呼ばれています。

私は、1977年の「いちばん星」のドラマでデビューしました。

津川雅彦さん、柳生博さんらと共演をさせて頂きました。

あれから夢を諦めず今こうして仲間と横浜夢座を紡ぎ続けています。

横浜夢座は来年20周年を迎えます。そして横浜ローザはあと2年で25周年を迎えます。

こうして夢を紡いでいられるのも応援してくださる皆様のおかげとしみじみ感謝の気持ちでいっぱいです。

懐かしい若い頃の私に会ってみてください。

https://www.nhk.or.jp/asadora/drama/d_019.html

https://www.nhk.or.jp/asadora/drama/d_019.html

 

vol75 アートページに「横浜ローザ」が掲載されました☆【管理人からのお知らせ】

〇管理者からのお知らせです。
横浜・みなとみらいMagazine

街を彩るヒト・モノ・コトをつなぐ [ミレア]

vol75 アートページに
「横浜ローザ」が掲載されました☆

20190315_1214331_2

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

Screenshot_201903162250101_2

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

みなさま是非ご覧ください!!

配布場所については、こちらからご確認ください
http://mirea-web.jp/haifu_list

チケットの予約は、
横浜夢座 045-661-0623 まで。

**mirea編集部さま、ありがとうございます**

おばちゃん お誕生日おめでとうございます

2012年の横浜夢座第10回公演は「野毛武蔵屋〜三杯屋の奇跡〜」でした。

 

 

Yumezaflyer4c50_2

 

 

 

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚
野毛にあった伝説の店武蔵屋のおばちゃんこと木村喜久代さんは今年97歳になりました。

 

先日、おばちゃんのお誕生日のお祝いに横浜夢座の仲間、由愛典子さんと伊藤はるかさんと一緒に伺いました。

 

苺ケーキと肉まんを美味しそうに食べる顔がとってもチャーミング。
S__29343749_2

 

 

 

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

 

S__29343750

 

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

 

 

「三杯屋」という別名で呼ばれていた温かな居場所を与えていてくれたおばちゃん。

 

閉店しても尚、「幻の野毛武蔵屋」の心意気と優しさは今もたくさんの方の心の中に息づいていると思います。

 

おばちゃんは車椅子の生活になりましたが、とっても元気そう。

 

「今年も横浜ローザ観にいくから」と目をキラキラさせて言ってくれました。

 

帰りがけには「夢座の20周年を楽しみにしているからね」といつものおまじない「いいことがありますように」と頭を撫でてくれました。

 

おばちゃんのおまじないで元気いっぱいになれます。

 

ありがとうございます。

 

-------野毛にあった武蔵屋--------------
武蔵屋は1946年に開業した店で看板やメニューはありません。
日本酒「櫻正宗」のコップ酒3杯とつまみ5品を2,200円で提供していました。
開店当時から続く「3杯ルール」が注文の基本になるため、別名「三杯屋」とも呼ばれていたのです。
「飲み過ぎて体をこわしては困る。飲んだらまっすぐ家へお帰りなさい」 これがおばちゃんの口癖でした。

 

ここは武蔵屋三杯屋 1杯目は一日の疲れを癒すため 2杯目は明日への力をつちかって 3杯目は己を陽気に楽しませ ここは武蔵屋三杯屋」

 

 

-----------------------------------------

 

違う日には大和田と一緒におばちゃんを訪ねました。

 

おばちゃんは疲れちゃったようで横になってましたが、

 

「5月には絶対行くから」と何度も言ってくれました。

 

おばちゃん待っててね、観て来てね。

 

9473650169255

 

。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚

ピンクシャツデーに参加しました

ピンクシャツデーをご存知でしょうか?

「いじめ反対」のメッセージを送るイベントです。

2月24日、「親子の絆」を描いた「赤い靴の少女」の舞台を通してお話を頂き、参加させて頂きました。

朗読劇「ハッピーバースディ」は神奈川学園の先輩である声優の野村道子さんが12年かけて子供のいじめを扱った作品です。

「東池袋52」、「横浜高島屋ダンスユニット」、そして、アコースティックデュオ「N.U.」のコンサートもありました。

「N.U.」とはご縁があり、路上演奏をしている頃お声をかけさせて頂いてからの知り合いで共通のお友達がたくさんいることにびっくりでした。
001
゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。
003_2

私も朗読や演劇を通して自分に出来ることでこの運動に参加したいとこの日はピンクのシャツを着て「ありあけ」の藤木さんとトークをしながらピンクシャツ運動を呼びかけました。

より以前の記事一覧