旅行・地域

きみちゃんとかよさんを訪ねて〜静岡に行ってきました〜

静岡の清水市に作家の畑先生と一緒に行って来ました。

日本平にあるきみちゃんときみちゃんの母のかよさんの銅像の前で清水市の観光課の方と待ち合わせをしました。
ここ静岡県清水は かよさんの生まれたところなのです。
伺った日は寒い日でしたが、観光課の方がご親切に一緒に調査に参加して下さって、たくさんのことが見えてきてドキドキしました。

何年か前に読み芝居をした時もひとりで来たことがあるのですが、かよさんのお顔はその時とは違った顔に見えました。
あの時は優しくきみちゃんに微笑んでいるように見えたのですが、今回しみじみと顔を見るときみちゃんと別れる時の決意の目を持って、悲しみをこらえ、我が子を見つめている眼差しが私の胸を突きました。

「どんな思いで小さな我が子と別れ、そのあとを生きたのだろうか。。。」
そんな思いで胸がいっぱいになりました。

Img_4694
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
Img_4685
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
Img_4741
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
銅像の写真を撮り、近くのお土産物屋のご主人が観光協会の方だったのでお話を伺えることになり、日本平のホテルに向かいました。

Img_4812
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

Img_4835
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜
そこからは富士山と海が一望に見渡せて、その下に「宮加三(みやかみ)」というかよさんの生まれた場所が見えました。ホテルでお話を伺い、たくさんの資料を頂きました。

Img_4750

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

Img_4780

★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

かよさんの従妹の息子様ともコンタクトが取れたのですが、現在ご病気のためご静養中とのことでお話を伺うことは出来ませんでした。
けれど、観光課の杉山さんが車でかよさんが生まれ、住んでいた場所に連れて行って下さいました。

今、その場所は「赤い靴」というアパートが立っているのみでしたがとってもドキドキしました。
アパートの前を見ると古い道があり、その先には神社がありました。

S__54804483
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

S__54804484
★゜・。。・゜゜・。。・゜☆゜・。。・゜゜・。。・゜

かよさんも歩いたであろう道をたどるように神社まで行ってみました。
かなり古くからある神社でかよさんはこの場所に確実に来ていたことがわかりました。
お祭りもあったようで、どんな思いでこの神社に来ていたのでしょうか・・・
お参りの手を合わせながら心の中で「かよさんがお芝居のしてくれてよかった」と言ってもらえる作品を作りますからねと話しかけていました。

海が間近に迫るこの町で富士山と5月になれば新緑に燃えるお茶畑、みかん畑に囲まれて【清水の次郎長さん】とみんなが尊敬する次郎長のいるこの町で生きていたかよさんの少女時代を想像しました。
(次郎長さんは英語塾を開いたりもしていたようです)
三保の松原はすぐそこで、富士山がいつも見えるこの場所にいたんですね。。。

又、鳥居坂教会でお聞きしたメソジスト系の教会もお訪ねしました。

かよさんの住んでいた土の匂い、海の匂い、その土地の歴史を感じ、今回の芝居にどうやって表現していこうかと考えると胸がわくわくします。

さて、もうひとつお土産が出来ました。
実は横浜ローザがうまれたての頃、つまり22年前、この静岡でも私は確か公演をしたことを思い出しました。

車の中で「どこだったかなあ 確かこのへんで横浜ローザを公演したんだけど」と静岡の街に出た私が記憶をたどっていると、静岡の観光協会の方が乗り込んでこられて「私 見ました!」と。
「とても素敵な女の一生でした!忘れられません」と。
びっくりしました!!

「静岡のどこで公演したんだろう」と思っていたら「今、五大さんが通って来たあの大きなホールですよ!」と言われ「えええええ」ともっとびっくりでした。

20年経った今も彼女の心のその時のローザの姿が刻まれていることに感謝と感動と驚きで涙が出そうになってしまいました。

たくさんの女性たちのイキザマを描いてきた私たちの舞台は忘れ去られることなく、観て下さった方の心に寄り添っているのだと思うと感無量です。
そして又新たに挑むこの秋の芝居への活力になります。 「素晴らしい芝居にする!」

静岡をあとにして、横浜に帰る道中もふたりの銅像の画像を見ながら、
「かよさんは何をきみちゃんに話し、きみちゃんはどんな思いでお母さんの言葉を聞いていたのか」
「何を伝えたらかよさんは喜んでくれるだろう」とずっと考えていました。

静岡の取材の旅はとても大きな土産と課題をくれました。 がんばります!!

「赤い靴の少女」を訪ねて

もうすぐ3月、もうすぐ暖かくなりますね。
毎日のように桜の蕾はまだかなと気になるこの頃です。

さて、赤い靴の少女の銅像を皆さんはご存知でしょうか?
S__54231085
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
♪赤い靴 履いてた 女の子♪
野口雨情の歌で子供のころからなんとなく知っている曲ではないでしょうか?

今年11月の横浜夢座の公演では、その赤い靴のお話の秘話を元に、「親が子を」、「子が親を」・・・という悲しい事件が起きている今、
しっかりと親子の情愛を描けたらというところをテーマに作り上げていこうと思っています。

---無くてはならない大切なもの--- 大切な心を描けたい。

先日、「-赤い靴の少女-母 加代の物語(仮)」の取材に横浜の赤い靴の少女の像と麻布の赤い靴の銅像を訪ねて来ました。
S__54231083
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
S__54231087


:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
S__54231090
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
赤い靴の少女のモデルである「きみちゃん」が最後にいた孤児院探しと鳥居坂教会でいろいろとお話を伺いました。

又、麻布十番街の理事長様やきみちゃんの銅像を作られた山本様にもその後のユニセフ募金のことも合わせてお話を伺うことが出来ました。

そこで加代さんの従妹の方の住所がわかり、今度は静岡に取材に行こうと計画をしているところです。

S__54231089
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
青山墓地で「佐野きみ」さんのお名前がありました。

S__54231098
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
S__54231097
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

お墓の前で作家の畑圭之助先生と構想を話しました。

その前に東洋英和女学院の資料室をお訪ねする予定です。

皆様には取材報告やお稽古の様子などもお知らせしていけたら・・と思っています。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
S__54231101
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
S__54231103
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
公演は11月8日からランドマークホールです。

この公演と2018年の横浜ローザに向けて、横浜夢座はまっしぐら!

2月になりました

2月に入りました。
忠太郎さん、田口さん、ブログへのコメントをありがとうございます。
励みになります。いつも応援くださってありがとうございます。

2月1日は毎年伺っている大船観音寺の豆まきに息子の悠太と参加致しました。
伊藤かずえさん、三屋裕子さん、ジャガー横田さんご家族、勢関さんたちと平和を願い豆まきを致しました。
S__54001679
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
S__54001678
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

その足で、お世話になったドリームハイツ近くの春日神社様に伺いました。
久しぶりに宮司さんとお会い出来ました。
こちらの春日神社の宮司さんは言葉にも、お顔にも優しさがにじみ出てほっとさせてくれる方です。
27783004_1267828343360901_77030120_
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
S__54001677
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

その夜は一人芝居50周年を迎えた坂本長利さんの一人芝居「土佐源氏」を観に座・高円寺2に行って来ました。
満席でした。
今年88歳になられる坂本さんのこのお芝居は先日、NHKでドキュメントが放送されていたのでご覧になられた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

19歳の時に初めて抜擢された「冬眠まんざい」でご一緒させて頂いた月日と、もうすぐ25周年を迎える横浜ローザ。
50年目の一人芝居の存在感のすごさに圧倒され、「そこにその人がいる」という存在感に震えるくらいでした。
芝居の中に吸い込まれながら「私も目指す!」と心に誓いました。

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
S__54001680

10代の頃にお芝居を一緒にやらせて頂いた下北沢の
レディジェーンの大木さん、松田優作さんの友人と舞台が
終わり、腰痛なのに微塵も感じさせない舞台をつとめた
坂本さんと楽屋にて。
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

2月3日は鶴見の総持寺さんでの恒例の豆まきに参加致しました。
石原軍団の舘ひろしさんたちとご一緒に豆をまかせて頂きました。
夢座セミナーのサーヤさんがお子様と毎年駆けつけてくれます。
他にもいつも夢座を応援してくれている白戸さんも!うれしいです。寒い中ありがとうございました。
S__54001671
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。
S__54001670
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

今年も活動開始です。
応援よろしくお願いします。
ブログへのコメントは私の力になります。
今年はなるだけお返事を書けるようがんばりますので、どんどんご意見やメッセージを頂けたらうれしいですheart04

新年をむかえて

皆様新年おめでとうございます。

どんな2018年をお迎えですか?

私は久しぶりにゆっくりとした時間を頂きました。

本を読んだり、散歩をしたり、先日は悠太のお芝居を観てきました。

そして私は今年も、また夢を追い続けたいと思っております。

昨年は1月から終戦直後や自ら立ち上がる人々を描いた野毛坂ダウンタウンストーリーに始まり、杉田劇場にて200人の小学生たちに横浜大空襲の日を読み芝居として聞いて頂きました。

それから、横浜国大、関東学院大学、慶応大学、立教大学の学生さんたちに私の本を読んでいただき、お話をし、映像を見てもらい終戦後を生き抜いた「1人の女性の生き様」を少しでも知ってもらおうと繰り返し活動をして参りました。

今年も7月に、横浜国大で大学生の皆さんたちにお話しさせていただく機会を得ました。
もし他にも大学や高校、中学でこのようなお話が出来るチャンスがあればと願っていますので、是非お申し出を頂ければ嬉しいです。

6月2日には真昼の夕焼け(横浜大空襲 中学生の実話)を読み芝居をする予定です。

8月11日から15日までは、横浜ローザを上演いたします。
生演奏を入れたニューヨークバージョンの横浜ローザから、「ひとり」に戻ります。
演出を変化させ、新しい横浜ローザに挑みます。

演出はこれまでと同じく大西一郎さんです。2018年はどんな横浜ローザが赤レンガ倉庫に現れるのか、楽しみにしていてください。

また11月中旬に、ランドマークホールにて赤い靴の少女をモデルにした新作を上演する予定です。

ざっとですが今年の予定を書いてみました。
今年も夢をたくさん持って一歩を踏み出していまーす。

今年も皆様にとって 幸多き夢を紡ぐ年でありますように

心こめて   五大路子

「ハマの弥太っぺ」 のご案内

今年もあと10日ほどになってしまいました。

さて、本日このブログを借りて息子・悠太が出演させて頂くお芝居「ハマの弥太っぺ」を紹介させてください。

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

 Photo

----------------------------

Image1
-------------------------------

theater045syndicateアトリエ公演『ハマの弥太っぺ』

原作/長谷川伸  作/佃典彦  演出/中山朋文

〜あらすじ〜
潮風に蝕まれた無人駅の待合室、荒波の音が遠くで聞こえる。
やって来たのは若い娘を連れた中年女。

追って来たのはハマの弥太っぺ・・
中年女に盗まれた命よりも大事な宝モノ。

取り返すために追って来たハマの弥太っぺ・・・
そこに現る一つの人影。人影狙うは弥太っぺの命。
ドンパチ始まる待合室、血しぶき吹いたはハマの弥太っぺ・・・
命落としたのは人影の方・・・中年女には流れ弾・・・
盗んだモノを返して最期の頼みの中年女・・・

「この娘をある人の元に連れて行っておくれ」

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

【出演】
今井勝法
大和田悠太(アクトレインクラブ)
吉村公佑(劇団B級遊撃隊)
碓井将仁(劇団レトロノート)
増井友紀子
川村美喜(劇団水中ランナー/Hito YasuMi)
矢萩春菜(オスカープロモーション)

寺十吾(tsumazuki no ishi)
大西一郎(ネオゼネレイター・プロジェクト)

【日時】2018年1月12日(金)〜15日(月)
12(金)            19:30
13(土) 14:00/19:30
14(日) 14:00/19:30
15(月)            19:30

【チケット】
一般 3000円
学生 2500円(学生証をご提示ください)
日時指定・全席自由

◼️横浜ベイサイドスタジオ(京急線神奈川新町駅より徒歩1分 /中山

 JR京浜東北線東神奈川駅より徒歩11分  観音ビル2F)

チケットは フレンズクラブ 岡安まで

          090-9649-3166
        fax  044-544-6243

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

演出の中山さんは、夢座の公演や語り芝居の時にいつもお世話になっています。
又、横浜ローザの演出の大西さんも出演するようです。

 

どうぞ、お時間がありましたら劇場に足を運んでいただけたらと願っています。

 

ヨコハマメリー中村監督とのトークショー

ヨコハマメリーの中村監督が出版された本のセレモニーに森日出夫さんとご一緒に参加致しました。
ヨコハマメリーを語るトークショーです。

20171210_130220_previewjpeg
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

20171210_120926_previewjpeg
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
第1回目はルミネ店の有隣堂にて、
第2回目は伊勢佐木町の有隣堂本店の特設会場にて行われました。

私も「白い顔の伝説を求めて」と「横浜ローザの記念パンフレット」をサイン会の時に紹介、販売をさせて頂きました。

Img_8306
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

Img_8317
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

たくさんの方がメリーさんにとても興味を持っていらして、質問を受けるたびに、監督と森さんと私の「メリーさんの思い出」が蘇ってきました。
本当に忘れてはならない人を思い起こす良き時間を頂きました。

私の本も10年前に書いたもので、それ以降を書き加えて出版したいなあと思っています。

Img_8335
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

横浜ローザの上演も23年目となります。
25周年ももうすぐだと思うといろいろな夢が私の中で又膨らみ始めています。

来年の横浜ローザは生演奏のあった「ニューヨークバージョン」から以前のように私ひとりの舞台になります。
でも、以前の公演に戻るのではなく又「新しいバージョン」で観て頂けるよう作り上げていきます。

来年の横浜炉ローザは8月11日〜15日までと決まりました。
横浜赤レンガ倉庫です。

どんな舞台にしようかとワクワクheart04しながら作りますのでお楽しみにしていてください。

「重忠と菊の前」公演のお知らせ

五大路子 公演のお知らせ

詠み芝居 重忠と菊の前

~二俣川に散った畠山重忠と妻の物語~

1
...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

日 時 : 2017年12月2日(土) 3日(日)

     13時30分 開場 14時00分開演

会場 : 横浜市旭区民文化センター

      サンハートホール

チケット : 一般 3500円(当日 4000円) 

              高校生以下 2500円(当日3000円)

       ペア 6000円

      ※全席指定・未就学児不可

お問い合わせ  チケット申し込み : 045-364-3810

出演 : 五大路子  松井工(文学座)  伊藤はるか

作・演出: 畑圭之助   演奏: 太田惠資

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

~畠山重忠とは~

源頼朝の側近、畠山重忠は、武勇誉れ高く、「関東武士の鑑」と称されていた、鎌倉時代の武士です。

鎌倉幕府の歴史書「吾妻鏡」によると、清廉潔白、誠実で思いやりがあり、怪力の持ち主で、「智仁勇」を兼ね備えた人物として評されています。

その仁徳ゆえ、没後810年が経った現在でも、彼の最後の合戦の地、二俣川では慰霊祭が開催されているのです、

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

~あらすじ~

頼朝の忠実な部下として仕え、信頼を得ていた重忠であったが、頼朝の死後、北条家の権力争いの混乱の続く中、謀叛の疑いをかけられてしまう。

鎌倉に呼び出された重忠は、多勢を前に、ここで国に逃げて「一時の命をおしんで、かねてより陰謀があったと疑われるよりは、ここで潔く戦う」と固く決意し、百三十四騎で、敵、北条方の数万の軍に立ち向かった。

四時間にわたる激しい戦闘がこの二俣川で繰り広げられたが、それも虚しく全員が戦死してしまう。

心配のあまりかけつけた重忠の妻・菊の前は、夥しい骸と激しい戦場の跡形を目にする。その時、目の前に、傷ついた重忠が現れる。

哀しみに染まったエピローグ。寄り添う二つの魂から紡ぎだされた言葉とは・・・。

(お話はフィクションです)

「おたふく」の朗読とトークを終えて

山本周五郎作「おたふく」は、たくさんのお客様がいらして下さって満席でした。

今回はおたふくの朗読とトークを行いました。

Photo
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
Img_1905
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+
Img_1897
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

トークでは、横浜夢座が2008年に上演した「山本周五郎の妻」を作るまでの取材中の出来事や不思議な出会いのこと、周五郎先生の行きつけの店のお話などをさせて頂きました。

中区で偶然仲間と入ったお寿司屋さんで「そこは先生がいつも座ってたところだよ」と言われたこと。

横浜ローザの実行委員だった大久保さん(野毛大道芸の)が先生の隣に住んでいたこと。

先生はよく歌を歌ってくれたこと。

先生は草が大好きでいろんな名前を知っていたこと。

極めつけはボレロが好きだったことなどなど。

次に「山本周五郎の妻 (作小松與志子) を観て頂きました。

映像の中に横浜夢座のお芝居にずっと出演してくれていて、現在2人の可愛いお子さんのお母さんになったあーちゃんこと福田麻恵の顔もあり懐かしく思いました。

また長谷川伸さんの母方の家系の川西進ご夫妻もいらして下さいました。

五大のことを講義の中で扱ってくださった羽鳥先生、夢座セミナーの仲間、フレンズクラブの大場さん、岡安さん、塚田さんたちも来てくれてとても嬉しかったです!

Img_1958
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

Img_1974
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

Img_1949
:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

いつもたくさんの方に背中を押されて一歩前に進んでいるんだなあ・・って会場を見渡しながら思っていました。

今回もこのような機会を与えて頂けて感謝です。

横浜ベイスターズを応援しています

野球の季節が終わりました。秋が一層寂しく感じてしまいます。
特に今年の横浜ベイスターズの応援には熱が入りました!

20年前のベイスターズの優勝の時、私はテレビ神奈川のスタジオに待機していて放送したことをハッキリと覚えています。

優勝パレードの時は、大魔神らが屋根を取り払ったバスに乗って大歓声でお祭りのようでした。
ベイスターズファンの息子の悠太と一緒に喜びました。その時の記念バッチは今も大切にここにあります。
20年以上応援してきたベイスターズなのです。

今年、日本シリーズを観に行く機会がありました。
「3連敗のあと、今日ソフトバンクが優勝してしまうかも・・」という日でした。
息子の悠太と声を枯らすほど、身体が痛くなるほど応援に熱が入る試合、勝ちました!

S__43991054
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

S__43991052
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

S__43991058
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

S__43991056
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

S__43991062
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

他の日はテレビの前で応援、テレビに向かって声を出して「あ~~」だの「いけーー」と真剣に応援しすぎてへとへと・・(笑

惜しくも今年は優勝できませんでしたがきっと来年こそ!!

明日、11月12日は山本周五郎作「おたふく」の朗読とトークがあります。
野球が終わってからは喉を大切にして来ました。
明日もがんばります。

山本周五郎作「おたふく」 朗読とトークのご案内

〇管理人からのお知らせとなります〇

Photo

いつも五大路子ブログをご覧頂きありがとうございます。

神奈川近代美術館において「没後50年 山本周五郎展が11月26日まで開催されております。
この中の催し物として、

山本周五郎作「おたふく」の朗読とトークをさせて頂くことになりました。

日時 2017年11月12日(日) 午後2時開演(1時30分開場)

会場 神奈川近代美術館 展示館2階ホール

料金 1200円 全席自由席・税込
    ※未就学児の入場は出来ません
    ※神奈川近代文学館友の会会員は1000円

お申込み、お問い合わせは TEL : 045-622-6666 

公益財団法人神奈川文学振興会 総務課までお願いします。

http://www.kanabun.or.jp/event/6804/

より以前の記事一覧