« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

鹿児島へ行って来ました。

鹿児島に行って来ました。
初めての桜島、フェリーに乗っていきました。ship

友達の友達であるアーティストの徳永さんご夫妻と友人の方々におもてなしを頂き、囲炉裏端で採れたての野菜を炭で焼きながらの食事や皆様の歌を工房でお聞きしたりしました。

話も弾み、雨で警報が出ていたのですが、山での宴はとても楽しく癒されるひと時でした。
P1002457

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

二日目は知覧に行き、特攻に行かれた若い人たちの遺書を拝読し、涙が溢れて止まりませんでした。
そして、同じ時代を生きたメリーさんのことを思わずにはいられませんでした。
P1002440_2

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

彼らが飛び立つ最後に寝た三角兵舎
展示してある軍服の向うに命の重さを感じ、言葉に出来ない「心の重さ」のようなものを感じていました。
P1002436_2

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

三角兵舎の前の観音像
P1002434_2

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

この日はすごい雨でしたが、会館から出たら雨はあがっていました。
P1002441

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

鹿児島湾に沈む夕日がきれいでした。
P1002442

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

泊めて頂いたお部屋は木々で囲まれていて、アカショウビンという珍しい鳥が鳴いていました。
P1002433

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

おのお部屋の中で手作りの器で美味しいお菓子とコーヒーを頂きました。
P1002432_2

゜。°。°。°。°。°。°。°。゜。°。°。°。

帰りにしょうぶ学園に寄りました。
丁寧に施設の中を案内して頂き、作業している場所にもお邪魔させて頂きました。

なによりもその作品の強い生命力と素晴らしいさに圧倒されました。

それは、複雑でなく、単純。 理想ではなく、現実。飾るものよりは使うもの。

華美より質素。作為ではなく、無心。という知的に障害を持った方々の自然な人間らしさは、野の花の自然な美しさに似ていると四十周年の本に記されていました。

主催されている福森ご夫妻に出会い、その素晴らしさに胸を打たれました。
私の大好きな言葉「-本気 - 一途であること - 野の花の心-」を文章の中で見つけ、その行動力、思いやりの心、育む思いに力を頂き帰ってまいりました。

旅をして「出会い」が最高の宝となりますね。shine

俣野町700番地 夢の国 〜ドリームランドへの手紙〜

10月24日から公開される夢座第11回公演のタイトルが

『俣野町700番地 夢の国 〜ドリームランドへの手紙〜』

と決まりました。

そして、当時横浜ドリームランドで「ヘイヘイおじさん」と呼ばれ、たくさんの方に愛された人気者ヘイヘイおじさんも出演してくれることになりました〜〜

Dsc_0036 

【ドリームランド当時】

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

2013_061700459

 【今日撮影しました】


先日はドリームランドで総務を担当されていた前田さんと藤沢でお会いしました。

ドリームランドの秘話をたくさんお聞きすることが出来て、どんなふうなお芝居になるのか、していこうかと、頭の中はsign03heart02flairup ←こんな感じでした。

P1002109_2

【前田さん、プロデューサーの大西さんとパンフレットを持って記念撮影】

横浜が誇る遊園地「横浜ドリームランド」。

今も多くの人の心に残る夢の国。

そこで起こる人々の心のふれあいを描き、「昭和」が残した温かく心に響くドラマをお贈りしたいと思っています。

音楽は渋さ知らズの不破大輔さんです。

(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B8%8B%E3%81%95%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%82%BA)

P1002110

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

P1002097 【兵隊さんの夏バージョン】

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

P1002096

:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+:;;;:+*+

P1002106


私もheart04ワクワクheart04しています。

どうぞ皆様もheart04ワクワクheart04して秋まで待っててくださいね。

「ドリームみっちゃん」でーす

6月16日日曜日

雨が上がった午後、中華街の同發で行われた フェスティバル「蝶と骨と花と」に出演いたしました。

チェロ奏者としても有名な坂本弘道さんとご一緒させて頂きました。

坂本さんは優しくて素敵な方でしたhappy01

Dscf3069

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

Dscf3070


私が今回歌わせて頂いたのは

「哀愁のヨコハマ・ボレロ」

この歌はマリンタワーが開館された時の歌です。

“マリンタワーで会いましょうね”のB面に入っていたもので、復刻して歌いました。

「ねえ仲間たち」

毎年8月に公演している一人芝居“横浜ローザ”の劇中歌です。

セリフも入れましたsign03

「昨夜(ゆうべ)の男」

この歌は横浜ローザでお芝居の最初に流れる歌で淡谷のり子さんが歌われています。

「いつか輝いて」

“KAIHORO(會芳樓)”の劇中歌で、上々颱風の紅龍さんに作って頂きました。

夢座のテーマソングでもあります。

今日はなんと上々颱風の白崎映美さんと一緒に歌いました。

とっても楽しくて「いつも輝いて、今もすごく輝いて」という感じでしたが、いかがでしたでしょうか?

生まれて初めてのフルバンドのライブはとっても楽しかったです。heart04

ライブが始まるときにはやんでいましたが、雨の中いらして頂いてありがとうございました。

○o。+..:*○o。+..:*○o。+..:*

楽屋にて

P10022245

「フェスティバル 蝶と骨と虹と @横浜中華街・同發新館」参加します。

6月1日の朝です。少し窓を開けたら風が気持ちよかったのですが、開けっ放しにしてたら少し寒くなってしまいました。cloud

さて、昨日このブログを管理人さんから先行でお知らせを載せてもらいました中華街でのイベントについてです。

秋の公演「夢のドリームランド(仮)」のプロジェクトメンバーである大西さん企画のイベント「フェスティバル 蝶と骨と虹と @横浜中華街・同發新館」に参加します。paper

このフェスティバルは3日間に渡って歌、ダンス、芝居、パフォーマンスが繰り広げられる音楽フェスティバルで、私は最終日16日の「無重力音楽会」に出演します。

「横浜夢座をもっとたくさんの人に知ってもらいたい」
「横浜ローザという芝居を知ってもらいたい」

そのきっかけになれば嬉しいと思い参加させて頂くことになりました。

「哀愁のヨコハマ・ボレロ」

横浜ローザの劇中歌「ねえ 仲間たち」「昨夜(ゆうべ)の男」

夢座“KAIHORO(會芳樓)”の劇中歌「いつか輝いて」【この歌は上々颱風の紅龍さんに作って頂きました】

を歌わせて頂くのですが、生まれて初めての経験で・・・こわいです。。。

当日はいつもの私のイメージとは違うスタイルで登場する予定です。

よかったらいらしてくださいね。

詳細はこのブログの前に「管理人からのお知らせ」で出ていますので見て下さい。

どうぞよろしくお願いします。

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »