« 「ヨコハマメリー」上映&トークショー | トップページ | 無言の行進 ~目撃談~ »

横浜ローザ 無言の行進

最近出会った言葉

柳緑花紅(やなぎはみどり はなはくれない)

自然はそのまま真実の表れである。

自然は皆、それぞれが個性を持ち互いに支え合って構成されている。

人間も誰一人、不必要な人間などこの世にいない。

一人ひとりがかけがえのない命を有し、その命をこの世に輝かせているのだ。

生前メリーさんが腰を掛け休んでいた長椅子が、元の場所に運びこまれタイルの床に置かれた。

馬のマークの入った重たい長椅子。

その椅子に今、呼吸し今を生きている五大路子が背中合わせに座る。

横浜ローザ18年目のポスターは“かつて戦後を生き抜いたメリーさん”と“今を生きる私”とのコラボで、森日出夫さんのカメラを通して命が吹きこまれる。

2013_05210019

そして、ポスター撮影の後、馬車道から伊勢佐木町まで「無言の行進」をする。

私はこの日、朝から緊張感で小刻みに胸が震えていた。

1時間30分の舞台の中で生きる『横浜ローザ』が馬車道から伊勢佐木町までその想いと重さを引きずって歩く。

その命を存在させなくてはならない。その重圧で押しつぶされそうだった。

そして、「稽古のない舞台」が開く。

『その時 この街は、人々はどんな言葉を紡ぎ、その記憶を思い出すのだろうか』

私は急きょスタッフにお願いして関内ホールのベンチから歩きだすことにした。

ここは横浜ローザの公演スタートの場所であり、メリーさんの好きだった場所である。

一輪の赤いバラを持ち、真っ白なドレス、真っ赤な口紅、歌舞伎のくまどりのようなアイライン

横浜ローザは芝居から抜け出し、2013年5月21日の日差しの強い横浜市中区馬車道を歩きだした。

2013_05210028

まっすぐ前を見て歩く

遠くで人のささやきが聞こえるが何を言っているのかわからない。

ザワザワと言葉の波が沸き起こる。

横断歩道で信号が青になるのを待っていると、前を行くバスの乗客がびっくりした顔でガラスに顔を押し付けている。

渡り切ったところで女子中学生がふたり目の前に現れて「何なんですか~?」「すご~い」「どうして真っ白なの?」「がんばってね」と声をかけてくる。

2013_05210043

左側で若い女性「こわい!なんなのっ」
するとすぐそばにいた人が「あの人は昔この街にいてさー」と話している声が遠ざかる。

車の音、ギラギラ照りつける太陽の眩しさ、ふっと私をメリーさんに会わせてくれた元次郎さんというシャンソン歌手の人の声が聞こえてきた。

「みっちゃん 私ら時代に使い捨てにされてたまるもんですか!」

「どんな人の命も、どんな理由があるにせよ捨てさられ忘れさられちゃいけないのよ!」そんなことを考えていた。

2013_05210060

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

2013_05210062

そして、以前松坂屋があったカトレヤプラザを通り過ぎ有隣堂にさしかかると外人が向こうから歩いて来て驚いた顔をして何かをしゃべりながら脇にそれて行った。

2013_05210071

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

2013_05210068

私は道のど真ん中を腰をかがめて一歩一歩ゆっくり歩み進める。

ある中年のご婦人は「エー!?」と大きな声を出し、たくさんの人が携帯で写真を撮っている。

脇道の店の人たちも覗きに道へ飛び出している。

何かささやいている声が遠くに聞こえる・・・・・。

2013_05210066

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

2013_05210077

白塗りの化粧品をメリーさんにおしえたというおかみさんの話が頭の中に蘇る。

「最初はアメリカのマックスファクターの高級化粧品だった。でもお金がなくなって日本の500円のおしろいを教えてあげたの。すぐ真っ白く塗れて安いでしょう」

この道の先にかつて米軍キャンプのかまぼこ兵舎があり、飛行場があったこと。

夕方5時になるとその門が開きたくさんの米兵が街に繰り出していたことなど、この歩いている足元の大地はそのことを知っている。

たくさんの人々の踏みしめた足の重さや生きた命の鼓動を。。。

2013_05210087

...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。...。oо○**○оo。

2013_05210090
不二家の前、無言の行進終了予定地点に着く。

今、彼女が大好きだったこの横浜に蘇ったら私が今見ているこの光景と空気と時の風を感じなんと言うのだろうか。

「この世に不必要な人間などいない。私はあの時をそしてあれからを精いっぱい生きた」そんな言葉が聞こえてきた。

そして、私は「路子さん!」の声に我にかえった。

« 「ヨコハマメリー」上映&トークショー | トップページ | 無言の行進 ~目撃談~ »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

文化・芸術」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

芸能・アイドル」カテゴリの記事

趣味」カテゴリの記事

コメント

五大路子様


エピソードと言える内容ではありませんが、ハマっ子の主人から聞いた話です。もう25年前ですが、主人は馬車道ビル(1階に紳士服店、地下にしゃぶしゃぶ店)の中に入っているオフィスで仕事をしていたそうです。平成元年から3年頃、メリーさんは日中に、そのビル1階の小さな女子トイレを利用していたそうです。主人は何度かメリーさんと短い会話をしたそうですが、どんな内容だったのか覚えていないとの事でした。髪型は、おだんごに結い上げていたそうです。


メリーさんの事を知る度に「よく生きたな…。すごいな…」と、考えさせられます。


余談になるかも知れませんが、先月の大阪市長の発言に関連して、ネット上で「ヨコハマメリー」の検索数が増えている様です。

みきさん
繭子さん

心打たれるメッセージありがとうございました。
今年のローザは頂いた深い思いに励まされ、又、時を越えてきっと新しい命を生み出すことが出来ると思います。

今年のローザにも会いにいらしてくださいね。
お待ちしています。

メッセージありがとうございます。とても嬉しかったです。

このブログに訪れて来て下さっている皆様、

メリーさんのエピソード、またはローザへのメッセージをひとことでもいいのでお寄せください。
お待ちしています。

いつも読んで下さってありがとうございます。

大変ご無沙汰しております。
大学の卒論でお世話になったみきです。
ローザさんの行進…見逃しました!!とっても後悔しています。大学の頃は、ローザさんやメリーさんの影を追うのに必死で、近づいては離れていくような存在でした。私たちのような世代には現実と思えない時代のことで、それを身近に伝えてくれる存在がローザさんであればいいなと、勝手ながら思っています。
7月の上映会はぜひお邪魔します。また今年もローザさんに会えるのを楽しみにしています!

五大様 繭子様へ

五大さんの「無言の行進」の様子を刻々と実況中継のごとく、ブログ、および投稿いただき、遠くから応援している、路子ファンにとってはまことにありがたい事です、私もその場にいるような錯覚さえ覚えました。
  五大さんの意気込みをひしひしと感じました、きっとその場にいた人は、何かを感じ取ったのでは?と思います。お疲れさまでした、目標に向かって益々ガンバってくださいませ。

路子さま、皆さま

  無言の行進の日、私は、どうしてもご様子を見届けたくて、前日に職場に交渉しまして、午後からお休みをいただき、関内へ向かいました。
  前日から、「横浜ローザ」のCDをリピート再生し、移動中も頭の中は、ローザでいっぱい(^-^)
  アート宝飾さんに近づくと、何やら、人だかりが・・・
  白いドレスの路子さんが長椅子に座って撮影が始まっていました。
  時々目にする街での撮影風景なのですが、何か違うのです。
  遠くから見えた時、長椅子と白いドレスの路子さんだけが、フワリと大きなバルーンの中に居るような、不思議な空間でした。
  たくさんの報道陣に、静かに、しかし情熱的に語っていらっしゃいました。
  一旦、白いメイクをされるために控室に去られて、皆、今か今かと待っていました。
  そして、何と、そのビルからではなくて、関内ホール前からのスタートだとのアナウンス。。
  急いで関内ホールへ向かいますと。。。。。
  木のベンチに腰掛けているローザの姿!
  なんと表現して良いのか。。。
  メリーさんが、路子さんの身体に舞い降りている様な光を放っていました。 神々しくて近づくことなど出来ず、遠くから見つめました。
  ゆっくりと、無言の行進が始まりました。
  馬車道を行き交う人々がざわつき始めます。
  老夫婦が、盛んに話しています。お互いに、うなづきながら。。
  一人の御婦人が、たまたま会話をしたらしい若い女性に、メリーさんの事を話しながら、歩いていました。夢中になって話す御婦人、関心をもって質問する女性。私も、思わず会話に加わりました。
  次は、女子高校生の二人。白い顔が恐いという感覚ではなく、
なぜ、こんなにみんなが騒いでいるのかを知りたい様子。また、他の御婦人が、その二人に説明しだしました。
  大通りを長い横断歩道で渡り、伊勢佐木町へ入ると、人々のざわめきは、さらに増し、店から皆、飛び出してきました。
  「あーー、ほら、あれ、メリーさんだね。」
  「ほんとに、いたんだよ。あーやって、ほんとに歩いてたんだ。」
  「誰がやってるの?えーっ、あの五大路子?すごいなー。」
  「あー、毎年、夏頃でしたっけ?舞台やってるわよね。」

まぁ~、色々な声が聞こえてきますきます!
余計なお世話ですが、ついつい、色々な方とおしゃべりさせていただく中で、今年も、「横浜ローザ」という舞台があり、路子さんが伝えたいことを、言葉を選んでお話しました。

一軒の洋品店前でのこと。店主と女性店員さんが、飛び出てきまして、盛んにやはりお話を始め、私に向かってか?
「うちのここのウインドウの前にもよく来て、眺めてたんだよ。」と。
私は、そのウインドウの前にいまして、一瞬、その当時の風景を想像しました。
ここにメリーさんが立って。。。。どんな気持ちでウインドウの中の洋服を眺めていたのかしら。。。
三代目の店主さんは、昔の話をもっとされたいご様子でしたが、
路子さんを追いかけて、洋品店を後にしました。
伊勢佐木町を進むと、もう、ものすごい人。
年配の男性が、「俺、知ってるよ。よくこのへんで見たんだ。」
誰に言うでもなく、聞いて欲しいのか、声に出していました。
また、若者に説明している年配の男性も。
あちこちから、会話が聞こえてきます。
話題は、メリーさんから、戦時中の話しへ広がって行きました。

以前も歩かれた事があると聞いていますが、とても勇気のいることだったと思います。
路子さん、よくぞ、無言の行進をなさってくださいました!
とてもとても意味のある事でした。
お疲れ様、そして、ありがとうございます。

 

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 横浜ローザ 無言の行進:

« 「ヨコハマメリー」上映&トークショー | トップページ | 無言の行進 ~目撃談~ »