« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

「感謝の集い」にて

5月29日フレンズクラブの「感謝の集い」がありました。

20100529175023_2  その中でエンドレスドリームの一部を朗読することになり、私の旦那さん役の夢座レギュラーの加瀬慎一さんが来てくださり、中村華子さんの歌、大和田悠太の助っ人で皆様に披露しました。

と言っても私は声が出ず、ラストのシーンのみの出演でしたがとてもいい上演となり、会場の皆様から大きな拍手を頂きました。

そしてこのところ捻挫や声が出なくなったりとアクシデント続きで少し落ち込んでいた私にすごいプレゼントがありました。

私たちの作品の終了の頃いきなり昨年上演した「エンドレスドリーム ヨコハマの夜明け」で素晴らしい歌声を披露してくれた VOXRAY(ヴォクスレイ)”の4人が駆けつけてくれて劇中歌われた「夢の途中」と「プリティウーマン」を熱唱karaokeしてくれました。

20100529190910 グループ名のVOXRAYとはVOX(声)とRAY(光線)と言う意味らしいのですが、まさにそのグループ名のままsign03透き通るような4人の声は声の光線notes

その歌声に涙があふれ、力が抜け、心に響く歌声に吸い込まれていました。

私の大好きなVOXRAYさんありがとうございました。

そして、こんな素敵なサプライズを準備してくれていたフレンズのみんな、ありがとうshineconfident

会場を見渡せばいつも私を応援してくれている人たちの優しい眼差しに私は包まれています。

あたたかいです。とっても。 たくさんの方々の愛はホントにあたたかい。

うれしいです。とっても。アクシデント続きでへこんでた私に愛の喝を頂きました。

尊い人の心のありがたさを感じながら「まだまだ夢の途中」と心の中でつぶやいていました。

.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.

フレンズクラブはかれこれ30年続いている会です。

中学時代の演劇部の仲間やボランティアの人たちが中心となっており、新潟に支部もあります。

いつもありがとうございます。

感謝の思いでいっぱいです。

VOXRAYさんのサイトです。http://www.voxray.net/pc/index.shtml

ジャンジャン花月園

11月上演の花月園物語のタイトルが決まりました~

「ジャンジャン花月園 」
~あの日、握りしめていた夢のコト・・・~

私の熱いラブコールが叶いましたsign03
脚本・出演者が決定しましたsign03

脚本・・中島淳彦さん
1961年生まれ
人情味のある喜劇を得意とし、様々なチームに新作を書き下ろしています。
中島淳彦クラクラ日記 
http://www005.upp.so-net.ne.jp/naka4/

演出・・遠藤吉博さん
1954年生まれ
横浜夢座第2回公演より今作品及び「横浜夢座」の演出を手がけています。

出演・・
小宮孝泰 / 重田千穂子 / まいど豊 / 築出静夫 / 加瀬慎一 / 松井工 / 高橋和久/ 星野園美 / 大和田悠太 /福田麻惠 / 由愛典子
そして私五大路子です。

稽古風景や作り上げて行く中での発見、感動、などをこのブログを通じてお知らせしたいと思っています。

公演日は2010年11月26日~30日です。(もしかすると延長するかもしれません)
場所はランドマークタワー5F ランドマークホールです。
カレンダーにしておいてくださいね♪~

横浜ローザ 2010年

  001_3 横浜ローザのチラシ、ポスターの写真撮影がありました。

いつもお世話になっている森日出夫さんのスタジオです。

演出の遠藤さん、デザイナーの穂積さん、メイクの宇田川さん、そして森さん。

フラッシュとカメラのカシャカシャの音の中に今年の新しいローザの姿が生まれていきます。

みなさんがとてもshine素敵に撮ってくださいました。

20100517215156

そのあとに荒井屋さんの牛鍋を食べに行きました。

そうしたら お店の中に森さんの撮ったメリーさんの写真が飾られていました。

不思議な出会い。メリーさんのハカライかしら・・・heart

002

みなさん私の足の心配をありがとうございます。

少しずつですが、良くなっていますのでご安心ください。

6月2日の「富貴楼お倉の物語」の朗読も間もなくです。

夏には横浜ローザ、秋にはジャンジャン花月園(仮)と「夢」が杖になってますsign02

ハコさんのバースディコンサート

六本木まで山崎ハコさんのnoteバースディコンサートに行ってきました。

高校生の時にデビューして今年で35周年とのこと。すごいですnotes

横浜ホンキートングブルース、ヨコハマ は昨年の夢座のお芝居「エンドレスドリーム」の中で歌って頂いた歌です。昨年のお芝居の時のことが思い出されます。

そして「横浜ローザ」でお馴染の淡谷のり子さんの歌「昨夜の男(ゆうべのおとこ)」を歌われた時には鳥肌がたち、涙が流れて止まりませんでした。

ハコさんの歌う「昨夜の男」は淡谷さんの歌とは違った娼婦像が浮かびます。

哀れな、悲しい、せつない、・・・ どんな言葉が適切なのかわかりませんが、(聞く人それぞれ感じ方も違うでしょうし)今すぐに手を広げてぎゅっと抱きしめたい女性が私の目の前にいるように感じました。

お客様の中にたくさんの芸能人の方がいらしていて、ハコさんがお名前を紹介するたびに会場からは「お~」と歓声が上がります。すごいですね。

あっという間に「感動」の時間は過ぎてしまいまいましたが、コンサート聞きに来て本当によかったshine

家に帰ってもまだこの感動がおさまらず「さあ!私も又明日からがんばるぞぉ~!」とパワーに変えて眠りました。

大学で講演をしてきました

201005121613000 文化女子大学に講師として講演してきました。

550名の大学生のみなさんの前で講演するのは初めてでしたが、これから就職や、やりたいことへの夢と希望を持ったshineキラキラshineしている生徒さんからたくさんのパワーを頂いてきました。

テーマは「今を輝いて」~こだわること、生きること~

私が歩んで来た道のり、そして夢座や夢についてお話ししてきました。

みなさん、たくさんの質問をして下さり、前を向いて一生懸命話して下さる姿はいきいきと輝いていていいお顔ですhappy01

たくさんの未来に夢を!

みんなありがとう!

201005121613001

「歩けること」の有難さ

皆様は連休をどう過ごされましたか?

私は15年目の横浜ローザを新しく挑戦するために、4月30日に演出の遠藤さん、KⅡ、杉山先生の奥様、フルート奏者の杉山葉子さんとローザの作家杉山義法先生のお墓参りに行く途中大きく転倒してしまい、足首を思いっきり捻挫してしまいました。wobbly

それからしばらくは痛みと闘いながら休んでいました。down

でもでもこんな時でも発見ありflair

ようやくゆっく~り体重をかけてある練習を始めた時、「歩ける」ということの大切さ、それも思うところにすぐに身体を移動できるということの素晴らしさsign03

「歩けて当たり前」と普段は気付きもしなかった「歩ける」ことの有難たさをしみじみと感じながら、静かにうつりゆく木々の様子や風を感じながらふぅ~~っと深呼吸していました。

そして、自分の体に「いつもありがとう」と言っていた私がいました。

追伸

お蔭さまで少しずつですが捻挫は回復に向かっていますのでご心配なくnote

富貴楼とエンドレスドリームヨコハマのこと

富貴楼とは会席料理店でお倉はこの店の女将でした。

桜木町の駅は昔は横浜駅と呼ばれていて、尾上町5丁目、桜木町から大江橋を渡ってすぐのところ、指路教会と道を隔てた神奈川中小企業センターのところにありました。

明治の始めから20数年間富貴楼は店を開いていました伊藤博文、岩崎弥太郎から九代目団十郎まで多くの要人たちが足しげく通いました。

4794207441_2 “横浜富貴楼 お倉――明治を動かした女” 鳥居民著の本もありますので、お時間がありましたら読んでみてくださいね。

おのお倉が開港50年の年、当時の開港記念日7月1日にその想いを貿易新聞の取材に答えているようです。

昨年、開港150周年を迎えた時まさにその場である港のさん橋の上でこの開港当時ひたすら未来を夢見て生きた人々の志を描きたく「エンドレスドリーム ヨコハマの夜明け」を多くの人のお力をお借りして上演することが出来ました。

会場は三つの箱状の舞台をぐるりと360度客席が取り囲み、まさに海の中を突き進む一そうの船に見立て観客と共に歴史をタイムスリップします。

そのタイムスリップした時代に、現代のVOXRAYさんの透き通るようなハーモニー、PORIさんのタップ、山崎ハコさんの横浜ホンキートンクブルース・ヨコハマを芝居の中に織り込んだお芝居でした。

多くのこのふるさとに生きた先人達の葛藤、又それを乗り越えて今日まで導いてくれた
夢見る思いのすばらしさ、大切さを舞台にのせることが出来たのではないかともいます。
本当に応援ありがとうございました。

このお芝居はNHK BSでも放送され、お芝居に来られなかった多くの方にも見て頂くことが出来ました。

そして、それから1年後の開港記念の日にこのお倉の物語を語り伝えたいと強く思い、朗読と音楽で上演する運びとなりました。

是非、皆様と共に時を越え開港当時にタイムスリップし、明治を生きた女の心に触れてみたいと思います。

日時 2010年6月2日(水) 14時開演【13時30分開場】

場所 横浜みなとみらいホール(小ホール)

    横浜市西区みなとみらい2-3-6

料金 3000円

チケット 045-661-0623 横浜夢座事務局

皆様のお越しをお待ちしております。

富貴楼お倉の物語

今日はお知らせです。

Fuuki20102

昨年、開港150周年記念に大さん橋でエンドレスドリームを上演させて頂きました。

今年、開港記念日に私の大好きな三橋貴風さんの尺八と私の朗読で「富貴楼お倉の物語」をやらせて頂くことになりました。

素晴らしい尺八奏者でいらっしゃる三橋さんと初挑戦!とても楽しみです。

「かつて横浜に龍馬みたいな女・お倉の物語」を是非、聞きにいらしてください。

お待ちしております。

日時・・2010年6月2日(水) 14時~ (開場13時30分)

場所・・横浜みなとみらいホール(小ホール)

料金・・3000円 【全席指定】

チケット・・横浜夢座事務局 045-661-0623

【5/6一部訂正致しました。】

初共演→初挑戦 

大変失礼致しました。   オフシャルサイト「With」管理人ひー

大島桜を見てきました。

もうすぐ母の日ですね。

私をずーっと見守り続けてくれた84歳になる母と箱根に大島桜を見に行ってきました。

20100429153754

午前中の大嵐が嘘のように空も青く桜は満開で見上げる桜に包まれているようです。

大きな自然の力にちっぽけな自分が生かされていることを感じ、「今」を大切に生きること を忘れちゃいけないと思いました。

20100429153654

20100429150256

大きな桜に包まれている母の目と口がとても優しくて、「おかあさん いつも ホントにありがとう」と感謝することの出来た1日でした。

母と来れてよかったsign03happy01

Kagetsu2 それから、先日ブログにも書きました「花月園」のことをお芝居にする記事が4/29の神奈川新聞で紹介されました。

↓記事です↓携帯からは見れないと思います。ごめんなさい。

「Book1.pdf」をダウンロード

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »